トータルアプローチ研究会(TAP)主催オステオパシーセミナー報告
9月16日(日) 会場:臨床福祉専門学校
テーマ:ストレイン・カウンターストレイン「理論及び骨盤部におけるテクニック」

いよいよ今回からオステオパシー・テクニックに入ります。
初のテクニックはストレイン・カウンターストレイン(SCS)。

SCSの歴史から始まり、理論を解説、骨盤部を例にとってテクニックを行いました。
参加人数が30名と多く、SCSのテクニックとしての人気に驚きます。
テクニックから入るもよし、オステオパシーの哲学に触れてみてください。

次回は10月14日(日)SCS第2回です。お申し込みはTAPホームページから…

 

テクニックの紹介