9月4日(日)「MET 頚椎へのアプローチ」
会場:京都 森田接骨院

 

MET (マッスル エナジー テクニック)
座学講義

座学講義

京都セミナー全7回の初回です。 関節に対するMETと筋に対するMETのメカニズムを座学で解説。「施術においてMETを用いる場合により良い結果を得るには?」

常に念頭にはこのフレーズを置いてセミナーを進行します。
頚椎の触診

頚椎の触診

「頸椎」では午前中の大半を触診に費やします。オステオパシーにおける正しい検査、テクニックは全て触診力がはじまり。これは各テクニックや体のすべての部位に共通して言えることです。

その後、頸椎の可動域検査とMETテクニックを臨床での症例をあげつつ練習をします。
理論とテクニック、科学的考察と再現性、それがオステオパシーです。