トータルアプローチ研究会(TAP)主催オステオパシーセミナー報告
10月14日(日)  会場:臨床副趾専門学校
       テーマ:ストレイン・カウンターストレイン「頸部・肩部」

SCS第2回は「頸部・肩部」について圧痛点のとらえ方からトリートメントポジションの取り方、
そのバリエーションを解説しました。

SCSはクライアントの完全脱力が施術効果を高める条件であるため、
クライアントとの信頼関係が大切になります。
施術のメリットとしては痛みを殆ど伴わないことや、
クライアントへの侵襲が少ないため、
高齢の方やリハビリに取り入れることも有効ではないでしょうか。

次回は12月2日(日)MET「骨盤のMET」~寛骨を中心に~
東京メディカル・スポーツ専門学校

お申込みはTAPホームページから・・・

20121014_152826.jpg

 

NPO法人アトラス・オステオパシー学院
事務局