オステオパシー

  • HOME »
  • オステオパシー

オステオパシーとは

オステオパシー創始者 A.T.スティル, M.D.

オステオパシー創始者
A.T.スティル, M.D.

オステオパシーとは、1874年にアメリカ人医師アンドリュー・テイラー・スティル博士によって発表された自然医学です。ラテン語で『骨』を意味するオステオン(osteon)と『病気・治療』を意味するパソス(pathos)に由来した造語のため、『整骨医学』と訳される事があります。しかし、これは大きな間違いで、決して『骨』だけを対象にしているものではありません。オステオパシーは人体をつくる要素(骨、筋肉、神経、血管、リンパ、内臓、靭帯など)全てに着目します。スティル博士は人間を『Body(体)、Mind(精神)、Spirit(魂)』の三位一体としてとらえ、『心・精神』も重要であるとも説いています。

病気や症状のある特定の部分へ対処する療法とは異なり、人体が健康を維持するために不可欠である『自己治癒力』『免疫力』『自己調整力』に異常(低下、亢進、または変化)をきたす原因の究明に重点を置き、個々の正常とされる状態に維持するためにはどうしたらよいかを解剖学、生理学、病理学的見地から具体的に考察し、その結果から導きだされる全てを実践する。これら医療体系を総じてオステオパシーと呼びます。

オステオパシーの哲学

『必要な事は症状をみることか?それとも人間をみることか?』

オステオパシーでは人の体のとらえ方を重要視し、その考えに基づいて体の管理を行います。

スティル博士は当初『体の異常な構造や機能は、神経、血流、リンパ、ホルモンなど体循環に悪影響を及ぼす』と考え、体の根本的な治癒のための理論を追及・展開していきました。この理論はオステオパシー医師達の手により発展しつづけ、現在は『オステオパシーの4つの原理』として集約されてオステオパシー医療の基礎を形作っています。

1. 体は1つのユニットである

身体は1つのユニットである人間の体は構造上全体の関わりの中からその働きを考察するもので、部分的に論じることは出来ません。また概念としても『Body、Mind、Spirit』の三位一体として捉えるという考え方です。たとえば腰が痛いときは腰だけに問題が生じているとは限りません。『人間』を構造と概念という多面的な見方をして、悪影響を及ぼしている複数の要素を見出すことがはじまりです。

2. 構造と機能は相互関係にある

物体はその機能に応じた形状や材質を持ちます。それは同時に形状に応じた機能を持っているとも言い変えられます。人体の構造は何らかの理由によりその性質にそぐわない機能を強いると、その形状が徐々に変化していきます。そのことは形状が変化をすると、本来発揮していた機能が次第に保てなくなるという負の連鎖を引き起こす原因となりえます。

3. 人体は自然治癒力・自己調整力を持つ

人体は内部環境を一定の状態に保ち続けようとします。これを「恒常性:ホメオスタシス」と言います。一定の状態に保つといってもそれは固定をしているという事ではありません。外的な要因の変化を受けることで、人体は常に変化を続けています。変化を続けることによって一定の状態に保つ。この力こそが自然治癒力であり、調整力なのです。オステオパシーの哲学はこの人間が本来持つ力を根源としています。

4. オステオパシーの施術は以上に基づいて行われる

これらの考えに基づいて行う医療がオステオパシーであり、テクニックのみではオステオパシーを示すものではありません。オステオパシーの考え方とは施術そのものが症状を治すのではなく、施術を受けること、日常生活を見直すことにより健康を保つ力の正常化をはかるというものです。治癒は人体の健康を保つ力によるものです。

 

オステオパシーの施術(オステオパシー徒手医療)とは

A.T.スティルによるオステオパシーデモ風景

A.T.スティルによるオステオパシーデモ風景

オステオパシー医学を手術や投薬ではなく、施術者が主に関節や筋肉の操作(マニピュレーション)によって実践するものを『オステオパシー徒手医療(OMM)』と呼びます。我が国でオステオパシーと呼ばれているものはこれにあたります。

Find It, Fix It, and Leave It Alone.
―それを見つけたら、それを治療し、そして放っておきなさい。

体性機能障害(関節や筋肉が病気や怪我でないにも関わらず正しく機能していない状態)の起きている構造物の働きを正常化し、あとはクライアントの自己治癒力に委ねる。これがOMMにおける体の管理の大きな特徴です。

健康を維持する力や病気や怪我を治癒する力は、個人差はありますが人体に普通に備わっているものです。体内の全ての器官が神経や体液の循環を通じて絶え間なく状況を伝え合い、統合・連携することで、人体それ自身が体内を常に適切な環境にすべく調整をしています。

この連携を異常にする「それ=It」を見つけるために、オステオパシーでは特に体性系(筋肉・筋膜・骨格・関節部)に着目します。これは体の大部分を占める体性系は、他の部位と比べて伝える情報、伝わる情報共に多く、全身の機能の連携に大きく影響しやすいという考えからくるものです。
主に体性系の「それ」=「体性機能障害」を通常に戻したら、あとは体自身が持っている機能で治癒に向かうように調整するだろう、という恒常性に基づく考え方をもってOMMは実践されます。

OMMは「この症状・この病気にはこのテクニック」といった紐づけをしていません。ある症状を起こす根本的な原因は、万人に同じものとは限らないからです。個々のクライアントへの施術内容はオステオパシーの理論に基づいた検査によって体性機能障害を検出したうえで選定されます。

 

※このページではオステオパシー医療全般を解説するため「治療」「治癒」という表記をしています。

※当サイトで使用されているA.T.Still,MDの写真は、Kirksville College of Osteopathic Medicineならびに、Still National Osteopathic Museumより掲載許可を得ています。

TEL 0467-84-7012 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © NPO法人アトラス・オステオパシー学院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.