よくあるご質問

オステオパシーと他の手技療法との違いは?
オステオパシーは他の手技療法が掲げる施術の目的をほとんど網羅しています。「筋骨格系の機能変化と健康には相関性がある」という考え方に基づいて、現在では筋肉、関節を中心に「手で影響を与えられる体の構造物」においてその機能を妨げるもの全てを施術対象としています。クライアントの体の状態、身体に起こっている状況にあわせ使用するテクニックも選んでいきます。その選択枝の多さゆえに「体のゆがみを整える」「ツボを押す」「リンパを流す」というように簡潔に説明できません。
オステオパシー施術を受けるのはどのような人ですか?
オステオパシーは不調の自覚にかかわらず有用です。施術対象となる多くの筋骨格系機能の問題は動作の繰り返し、つまり仕事や趣味、クセなど日常生活の体の使い方から少しずつ生じてくるものです。オステオパシーは定期的に身体の様々なバランスを状況により整え、クライアントに応じた動きのクセの改善、エクササイズをご提案し実践して頂くことで健康的な日常生活の維持を図る、包括的ヘルスケアシステムです。
国家資格ではないのですか?
現在我が国ではオステオパシーに関する医療資格は整備されておらず、学習内容や修学年数に関わらず誰もが「オステオパス」を名乗る事が出来てしまうのが現状です。当法人では施術家のクオリティ保証のため、法人認定資格「ACO認定オステオパス:Certified Osteopath by Atlas(COA)」を発行しています(学校の特色参照)。
日本のオステオパシーの情勢は?
現在我が国ではオステオパスの人口が少なく、認知度も決して高くはありません。しかし国民の健康に対する意識は年々高まっており、自分で健康になることを推奨するオステオパシーは時代に求められています。また、オステオパシー実践のための幅広い知識は、体に関連する様々な業種に対応し注目されています。本学院も施術家を目標とする方に限らず、医療、福祉、美容、運動指導、音楽指導、ダンス指導など「ステップアップ」「土台になる体の知識がほしい」という思いで門を叩かれる方を毎年お迎えしています。「オステオパシーを学んだ」というキャリアは生理学的あるいは解剖学的知識を持つボディーワーカーとして顧客からの信頼を得ています。オステオパシー特有の考え方が施術のみならず幅広く認知される日が来るのはそう遠くないでしょう。

TEL 0467-84-7012 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © NPO法人アトラス・オステオパシー学院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.