obitu.jpg2010年11月30日(火)快晴
代替医療の分野で大変有名な帯津良一先生にお会いして参りました。
当日は、森田学長、生越先生、渉外・和泉の3名で訪れました。

生越先生に運転をお任せし、学院より車で約3時間、埼玉県川越市「帯津三敬病院」に到着。
病院内は主にガン患者さんを多く抱える病院とは思えないほど明るい雰囲気で、働く方々もきびきびと笑顔が溢れておりました。帯津先生の医療や医療を取り巻く環境への想いが病院内の随所に表れているようでした。

面会の時間は30分と大変短い時間でしたが、主に「オステオパシー」を代替医療として広く国内に浸透させるために、是非お力添え頂きたい旨をしっかりと学長よりお伝えして参りました。
今後、何らかの形で、帯津先生と繋がりを継続出来ればと切に願う次第です。

<帯津良一先生について・・・>
帯津先生は、自ら設立した帯津三敬病院でガン患者さんに向けて、数々の代替医療を取り入れた治療を行っています。
ご著書も数多く、代替医療の分野では権威で知る人ぞ知る先生です。

病院では、気功、鍼灸、ホメオパシー等、それぞれの患者さんに最も相応しいものを取り入れて治療に取り組んでいるとの事。お話する中、統合医療に対する素晴らしい決意と情熱が伝わって参りました。

 ご興味ある方は是非コチラを→URL http://www.obitsusankei.or.jp

以上

NPO法人アトラス・オステオパシー学院
渉外:和泉