去る11月23日、
当学院で解剖学を担当している村井香織講師が、鎌倉にあるヨガ・ピラティススタジオSUGATAにて『動く解剖ワークショップ』を開催しました。

『筋肉を見て触って感じてみよう』がコンセプトのこのワークショップ。身体の構造を学び、セルフストレッチを交えて正しい身体の動かし方を再確認しました。

私達オステオパスが施術を行う上で一番の拠り所としているのも解剖学。

気持ちよく身体が動くために解剖学は全ての基礎となる大切な知識なのです。

普段は施術を通して一人一人のクライアントにアドバイスをしていますが、ご自身が積極的にメンテナンスに取り組み実践しようという場に立つのはとても新鮮でうれしい体験となりました。

会場になったSUGATAのwebページにレポートがございますので、ぜひご一読下さい。

 

NPO法人 アトラス・オステオパシー学院
講師 村井香織