ただいま森田学長以下、講師3名がウェストバージニア・スクール・オブ・オステオパシック・メディスン(以下WVSOM)を表敬訪問しております。
現地よりそのレポートが来ておりますので、お届けいたします。

——————————————–

 


IMG_7090.JPGWVSOMに到着して2日目。
到着した日から2日ほど続いた4ヶ月ぶりの雨もあがり今日は快晴でした。

 

 

 

 


IMG_7088.JPG本日はWVSOMの学長であるMicheal D.Adelman,D.O.,J.D(中央)と副学長のLorenzo L.Pence,D.O.,FACOFP(右から3番目)、解剖学准教授のPeter J.Ward,Ph.D.(右から2番目)と対談させて頂きました。

 

 

 

日本におけるオステオパシーの現状や本学院の目的が森田学長よりプレゼンされ、WVSOMの学長、副学長より激励のお言葉を頂きました。

明日はオステオパシーの講義を見学させて頂く事になりました。

 

——————————————–

 

では、また次のレポートをお楽しみに!