医師達の手で発展しつづける徒手医学

オステオパシーは1874年アメリカ人医師アンドリュー・テイラー・スティル, M.D.が提唱し、今日も医師達の手でアップデートを続けている自然医学です。 不調な部位ではなく、人体を構成する全ての要素(骨、筋肉、神経、血管、リンパ、内臓、靭帯など)の中で、正しく機能しない部位に手を使ってアプローチし、自己治癒力を本来の状態へ近づけていきます。

オステオパシーについて

カレッジニュース一覧

PAGE TOP
MENU